ハイキングクラブ みどりの風

2007/10/10(水)自主山行 ニセコ鉱山跡
硫黄川-旧道

今日は会山行でニセコ鉱山跡交差縦走の日
それに合わせて 以前から気になっていた硫黄川から
鉱山跡まで溯って見る事にしました

情報が皆無の中
まずはワイスのハイキングコースをたどり
適当な所から入渓
かすかに硫黄の臭いのする沢を緊張しながら進む。
温泉、冷泉が混じっているからでしょうか?
沢水が思った程冷たくないのです。
途中 湯の滝発見
思わず 美白になるように顔に付けてるのは・・・誰かなぁ
湯気が立っているの分りますか?
唯一の滝 2mぐらい
こんな所でも 入っている物好きが私達以外にもいるんですね
下降に使ったのか ナイロンロープが放置されていました
唯一 慎重になったところ
ウオータースライダーはこの時期 遠慮しまーす
標高700からの登りは大岩をガシガシ 高度を稼ぎます
春 水量の多い時は見事になるんでしょうね
その頃 又来たいなぁ
歩き始めから2時間で鉱山跡着
ぱっと視界が開け感激
沢水に煉瓦や食器のかけらが入っているのも鉱山の昔の繁栄が忍ばれる。
歩く程に笹の優しい緑にナナカマドの凛とした紅葉が見事に調和し絶景360度。
どこを見ても、あでやかな錦秋。
歓喜の声と素晴らしさにため息まで出る。
その美しい世界に バンザーイ
崖の上に 我 みどりの風を発見
オーイ ヤッホー
合流すべく 夏道まで進みましょう
ほとんど同時に3パーティー合流
やったね 嬉しい瞬間です
みどりの3パーティー15人が一緒に
紅葉を見ながら
ワイワイ ランチタイム
お日様が当たると 山が光り 背中がポカポカ
交差縦走組と分かれた後は
沢の中をバチャバチャ鉱山跡地を散策

鉱山のトンネルや手前の石積の用水路にも昔の繁栄を感じる。
でも林道ゲートが3時で閉鎖されるので のんびり遊んでもいられません
下りも初めて歩く 旧道コースへ
イワヲヌプリの素晴らしい紅葉の下を歩きます
ズーム
旧道は部分的に少し草がかぶっていたり
ドロドロだったりの所も有ります
   
でも 樹木の間からワイスの素晴らしい紅葉を楽しみながら
気持ちのいい道を歩く事ができました
短くても初めての沢はワクワク ドキドキ
素敵な沢で紅葉真っ盛りの鉱山跡は最高でした。
下山後の五色温泉でも何故か3組がそろう。
まるで時間を申し合わせたよう、
みどりの絆の不思議。なんだか、うれしい。
素敵な紅葉を皆で見れて、心も身体も温ったか〜くなった、山行でした。

naotin・fujiko



  

SEO [PR] ]Ex IsbN fヲ ^T[o[ SEO