ハイキングクラブ みどりの風

2012/9/15−17(土-月)
自主山行 エサオマントッタベツ岳




日高を果敢に挑戦するリーダー
9月1−2日はチロロ岳を沢から遡り 素晴らしい眺望に魅了され
今回はエサオマントッタベツ川を遡上しエサオマントッタベツ岳を目指します



15日


砂防ダム工事の為通行止め
歩き始めは林道歩き
テクテク1時間林道を歩いて入渓ポイントに到着
増水の心配なし さぁ入るぞ〜
キラキラ輝く水面に心が躍ります
最初の休憩はまだ余裕の笑顔
山中泊2日分のザックは重いけれど足取りは軽い
巻き道を利用したり渡渉しやすいコース取り
「さすがSL うまい!」と感心しながらついて行きます
きょう一番のご褒美はこれ!
ガスのベールがはがれカール壁が現れた

あの稜線まで登るぞ!と闘志が湧く
途中 熊の糞や掘り起こしにドキドキしながら
テン場予定の997m二股に着きました

テントを設営して即することはこれだよね
釣れるかな?
ニッコニコ
今夜のおかずをゲット
ビールも冷え冷え準備はOK
では始めましょう「カンパーイ!」 釣果はこの通り きょうはミソ味のホイル焼き
焚き火を囲んで食べて飲んで喋って 見上げると満天の星・・・至福です
16日
いよいよ核心部に入ります
高度感あふれる3段の滝
次は長さ300mもある滑滝
「滑ったときには腹ばいに」と唱えながら歩いている人は誰?
美しい滑に感動しながらも緊張の連続です
楽しむ余裕は?
そして天上の楽園 「北東カール」に到着
素晴らしい空間 幸せです
最後の難関 このカール壁を登らなければ山頂に着きません
もうひと頑張り
カール壁を登って見下ろすとすごい高度感 ここを上がってきた私達ってすごくない?
山頂到着 あれ〜標識がない!
では作っちゃいましょう
どう?いい感じ?
オリジナルケルンの前で記念撮影
眺望はゼロで残念 でもこの山頂に立てたことが嬉しい
カール壁の下山は滑りやすく落石の恐れがあり大変でした
無事下山して「バンザイ!」
この後ろを下りてきたんだよ〜
きょうの幕営地はどこにしよう 雨が降って増水したら・・・と心配
入渓ポイントまで戻ろう!
きょうの行程時間12時間 みんなえらい!
あれ?見知らぬ4人?
カール壁から抜きつ抜かれつ ず〜っとご一緒だった
fujikoさんのお知り合いのメンバーです
苦労を分かち合って
「バンザ〜イ お疲れ様」
雨も降らず風もなく穏やかな2日目の夜 今夜の食事担当はfijikoさん
野菜カレーとサラダ 豪華で美味しい♪
17日
朝食担当はtakeさん
昨日の会話「17日の朝食は何?」「内緒」「教えて」「ダメ〜内緒」


内緒の朝食はこれ!
コーンクリームスパゲッティと4種類のパン
今朝も豪華で美味しい お腹いっぱいになりました
心地よい疲れと楽しい思い出を背負って帰ります




2泊3日の沢旅は遠く重く苦しかった分達成感も大きいものでした
美しい滑滝と不思議な世界の北東カール
晴れた日に山頂から日高山脈を見てみたい

もう一度来たいなぁぁぁ


kozo・fujiko・take・siopon



  

SEO [PR] ]Ex IsbN fヲ ^T[o[ SEO