ハイキングクラブ みどりの風

2012/9/1~2(土~日) 自主山行 チロロ岳 千呂露川



岩魚もたくさん釣れますよ~
の 誘い文句に釣られ
千呂露川からのチロロ岳
行ってきました!
9/1(土)
千呂露川二岐沢出合の少し先にゲートがあり
テクテク林道歩き 50分 
取水ダムで装備を整え 入渓。
すると、大きな魚が4-5匹
昼寝をしているのが見えます。
早速 開始
時間はたっぷり
ゆっくり 楽しみながら遡りましょう
今日のテン場は
チロロ岳南面直登沢の出合です。
すぐ横から コンコンと湧き水が出ている
goodな場所です
まずは焚火と食料調達 
あっという間に 大量ゲット
大きいのは遠火でじっくり塩焼き
小さいのは素揚げで
骨酒まで・・・
美味かった〜!
オイモにトウキビ、イカの丸焼
ウインナーに鶏と野菜のホイル焼き
美味しい焚火料理に お酒もすすみ
zzzz

9/2(日)
いよいよチロロ岳アタックです
右沢下部は いつもの沢と違って
角が尖った大岩が多く
大きな地震が有ったら どーなるんだろう
なんて キョロキョロしながら遡ったのは
私だけかな?
みんなはスイスイ遡っていきます

山頂が見えました。
ここで最後の詰めのルートを相談
さて 薮こぎは ど~なるでしょう
振り向くと1967m峰が正面です。
何度も振り向き
このトンガリからエネルギーを貰いながら
がんばりました。
さすが日高、
テン場から一気に標高差1,000mの登り
絞られます
1420の二股
ここは左へ
流れが細くなり
水を汲み 薮こぎに備えます
稜線に伸びる ガレ沢は浮石だらけ
落石注意!!
沢形が終わり
枝尾根に上がりホッと一息
浅いハイマツに始めはニコニコ
冬に頑張った芽室岳にヤッホ~
辛い薮漕ぎは花畑に逃げ
ハイマツの向こうから聞こえる
着いたぞ~
の声に ラストスパート

やりました!
4時間半がんばりました
青空に 山座同定も力が入ります
遠くに富良野岳からウペペ岳まで
伏美~幌尻方面は目の前
のんびりたっぷり休んだら
西峰に向かって 下山開始
遡ってきた右沢とガレを目で追い
こんなにいっぱい歩くなんて
えらいなぁ~
コルから左沢を下りますが
なかなか水が出てきません
冷たくて美味しい湧き水に出会えたのは
コルから30分後
やっぱり沢は
水の音を聞きながらじゃないとね
でも こちらの沢は伏流になったり
かなり沢が荒れていたりで
かわいそうでした
テン場まで3時間弱
テント(底を干してます)をたたみ
気持ちのいいテン場にお礼を言って
下山しました
きれいな沢においしい岩魚、最高の展望と、
日高の山の素晴らしさを堪能したメンバーは、
下山して固い握手を交わしました。
「日高最高!」

thomasu・take・kozo・fujiko




  

SEO [PR] ]Ex ₦΍ IsbN f ^T[o[ SEO