ハイキングクラブ みどりの風

2011/10/10(月) 自主山行 空沼岳湯ノ沢


まだまだ沢は楽しめます。
この時期、キノコを採りながら
静かな沢を登るのは何ともいえない
風情があります。
いとおかし。

で 空沼岳湯ノ沢へ
でも 昼には寒冷前線が通過します
その前に小屋まで入れるように
下部は林道利用でショートカット
綺麗な沢に落ち葉が敷き詰められ
いい感じです



E:「風が生温いですね」
T:「寒冷前線が近づいてきている証拠だよ」
ひとつ賢くなっちゃいました

突然 崖を駆け上るTさん
ズームしてみると
ブナハリタケです
採り切れない量でした

この後も ボリボリにムキタケと大収穫

久しぶりの湯ノ沢は相変わらず綺麗・・・・


と 言いたいのですが
先月の大雨の影響でしょうか
いたるところ荒れています


小滝群を楽しむ所も
あちゃぁぁぁぁぁぁぁ

お楽しみのゴルジュは無事
ヨカッタ!

二段目の滝は 落ち口が微妙
Tさんは 水線ギリギリを ヒョイヒョイ
Fは微かな笹でバランスを取り
よっこらしょ どっこいしょ
大滝到着

風が冷たくなってきました
雨が早くなるかもしれません
案の定 林道直前でポツリポツリ

T:「ザーと来ますよ」の言葉どうり
万計山荘手前で本降りに

でも 小屋からは薪の燃えるにおいと
Mさんが キノコ汁の用意をして待っていてくれました

「今 前線が真上を通っているのかしら」
と 雷の音を聞きながら
体を中と外から暖め
ぽかぽか

雨が小降りになるまで1時間のんびりと
ぬくぬく 
帰りは夏道利用ですが
こちらも かなり荒れています

万計沼からすぐ
左岸のトラバース地点は
登山道が崩壊していて
フィックスロープが張られていました

C780の橋も流出
登山口の橋も流され
少し下流を渡るように応急処置となっていました
無事下山

秋の沢遡行は山の幸を堪能でき
悪天にもかかわらず
とても 楽しい山行となりました


thomasu・fujiko





  

SEO [PR] ]Ex IsbN fヲ ^T[o[ SEO