ハイキングクラブ みどりの風

2010/6/6(日)個人山行 ユニ石狩岳


前日まで日高の伏美岳を登る予定が、急遽変更
旭川の友人がどこかに一緒に行きたいとのことで
旭川と帯広の中間地点の十勝三股で待ち合わせ。
ユニ石狩岳に行くことに。
十石峠への旧道を登るのは高校1年の夏以来。36年振り。
下の方は笹も刈られていましたが、水場から上は冬山。
雪と夏道が交差しますが だんだん夏道は不明に。
標識を付け、コンパスを確認し、慎重に登ります。
稜線まで急登が続きます。
でも天候は最高の天気。気が急く感じです。



ダイブ上がってきました。やっと遠くにニペソツが見えてきました。
ニペソツの雄姿です。

今日の同行者 I 君です。
やっと十石峠に到着。十勝と石狩(昔の)の国境稜線です。
バックは今日の目標のユニ石狩岳です。
バックは十石峠からニペソツと石狩岳の肩です。
十石峠からの音更山です。
ユニ石狩岳のピークから 石狩岳と音更山です。
表大雪の山並み。左側の雲が掛かっている山が旭岳
真ん中が白雲岳です。
ユニ石狩のピークで自動タイマー撮影です。
ユニ石狩のピークで石狩、音更がバックです。
音更山に掛かる水平のめずらしい雲です。
下山途中、まだ音更山に掛かる雲が見えます。
下山した後、シュナイダーコースの登山口から見上げた
石狩と音更の稜線です。
下流域からの石狩と音更の稜線です。
それにしても素晴らしい天気でした。
風も殆どなく、大雪の山並みを展望できました。

今度は石狩岳に登るぞ、と 儀も大満足の登山でした。


KOZO





  

SEO [PR] ]Ex IsbN fヲ ^T[o[ SEO