ハイキングクラブ みどりの風

2010/5/2(日)自主山行 旭岳


昨年に続き 二匹目のドジョウ狙いで旭岳へ
でも 今冬は天気が安定してなかった上に
雪が多く 無理をしない計画を立てましょう

下りのゴンドラとのすれ違い。いよいよ天上の楽園?へ。
登り始め まずは噴気坑を目指します。
すごい 噴煙です
地球の真ん中で何が起こっているのかしら?
たしか ウン十年前 小学生の頃に習ったような・・・・
尾根に上がると 岩に付いたエビのシッポ。
鳥のようにもカエルのようにも見えます。
これはエスカルゴ?
美味しそう と思わず口に入れるh-hommaさん
さすがグルメですね
5合目の標識?
登山者が雲の中へ どんどん消えていきます
私たちは ここからデポ旗を打ち 安全にもう少し進みましょう
1900m付近 今日のピークとしましょう。
上に向かった人たちも
「デポ旗使わせてもらいまーす」と

どんどん降りいきます
デポ旗を回収しながらの下り
エッジが効いて滑りやすい雪質です
雪に埋まった姿見の池の避難小屋
避難小屋に2階の窓から入り、
ハシゴで1階に降りてみました
完全に雪に埋まった1階の入り口の様子です。
しっかりと閉められた窓やドアの隙間から吹き込んだ雪
どんなにすごい風が ここ姿見では吹くのかしら
この小屋のおかげで 助かった人が沢山いるのでしょうね
スキー場ゲレンデの途中で。
まだ白く凍っている忠別ダムを目指して下りましょう。
ゲレンデの下部。沢筋のコケの斜面です。
リュウキンカが春を待ち焦がれていました
 上でお会いした大阪から来た3人組パーティーは
3回目でもピークを踏めなかったそうです。
5回来れば1回くらいは登れるでしょう。
私たちも 次は北海道の天辺に立とうね



つっちー・東ちゃん・kozo・fujiko



  

SEO [PR] ]Ex IsbN fヲ ^T[o[ SEO