ハイキングクラブ みどりの風

2009/3/29(日) 自主山行 藤野富士

総会の翌日です。
総会後の懇親会でたっぷり飲んだアルコールを
きれいに飛ばしましょう。」
の呼びかけに 二日酔いの集団で歩いてきました
冬眠明けの熊も 臭くて近寄れないので心配要りません

今回は空沼二股から空沼古道、常盤ヒルズ(通称)
藤野富士を経て真簾峠の方から再び
空沼二股に戻るコースです。

歩き始めから 林道はショートカット
懇親会で食べた量で埋まり方が違うみたい
ギャーワー 飲みすぎしゃべりすぎで枯れた声が響きます
まずは空沼岳に おはよ〜
気持ちいいねぇぇ 二日酔いに負けないで 来てよかったね
林道から離れ
常盤古道を鳥や動物の足跡を楽しみながら
常盤ヒルズへ
藤野富士まで まだまだあります
常盤ヒルズでは樹間から恵庭岳が見え
遠くに夕張・芦別も見えています
今回は非常時に焚き付けなしでマッチ1本で火をおこす訓練もしました
「ヤニ袋」を探し ナイフを刺すと松ヤニがあふれ出てきます
簡単に火が付きました
炎が分かりますか?
樺皮や小枝を利用して
イザという時には暖を取る事ができます
いい事を教えてもらいました
ここまでツボでも大丈夫でしたが
雪も腐ってきたので カンジキを付けましょう
急登部をがんばって上ると
すばらしい景色が広がります
ケルンまで来ると山頂はすぐです
雪解けも音を立てて進んでいる感じで、
日当たりのいい場所では土が顔を出していたり
雪の下がポッカリと空洞になっているところもたくさんありました。

やったぁ 山頂着
何処をバックに写す?
やっぱり ザックでしょう・・・
登頂の喜びが 荷物にも表れていますね
えっ 荷物も二日酔い?
藻岩山側に少し進むと 海の向こうに暑寒の山塊や樺戸の山々が輝いています
来月行く 雄冬山は何処かなぁ
支笏湖を取り囲む山々や空沼岳が見える
景色のいい地点まで戻り
もう一度記念撮影
景色も笑顔も最高です
さて 急な斜面を林道目指して駆け下りましょう
こけて怪我をしないようにね
今回 ショートスキーで参加のthomasuさん
ヒョイヒョイと障害物をよけ滑り降りていきます
さすがです
林道まで下りると脇のツララが春を告げていました
まもなく芽吹きの美しい春山です
山菜にも もう少しで会えますね
登りとは違う林道を利用して ぐるりと一週
常盤の里山を楽しみました
今回は 非常時に暖を取る方法を学習しました
その時「焚き火が簡単に出来るんなら イザという時焼き芋も出来るね」の声
でも 非常時にザックから ジャガイモやとうきびがゴロゴロと出てくる人は・・・いる?
これからは「非常食にサツマイモ」のみどりの風です

kozo・yochan・Betty・fujiko





  

SEO [PR] ]Ex IsbN fヲ ^T[o[ SEO