ハイキングクラブ みどりの風

2009/2/14(土)自主山行 冬山入門

手稲ネオパラにて 冬山の入門山行を行いました。
山スキーパーティは7名、輪かん&スノーシューパーティ4名
総勢11名の参加でした


登山口で本日の行程の確認と読図、装備なども改めてチェックしていよいよ出発です
通称ネオパラと呼ばれる極めてポピュラーなコースを、沢に沿って忠実に辿るスキーパーティ
歩き方、登り方、キックターンの仕方、ストックワーク、しっかり練習しなくちゃ
こちらは 輪かんパーティ 。雪がよく締まっているので歩きやすそう
慣れた足つきで軽快にラッセル 多少の急な斜面もスノーシューで直登
ポイントポイントでは 必ず読図で現在地を確認する
すっぽりと開いた沢の所には注意を促すピンクの
テープが派手に付けられている。用心、用心!
第3の斜面を少し登った所で 本日の目的
「弱層テスト」の仕方を講習する
メンバー全員がそれぞれハンドテストを
行うため 雪の円柱をつくっているところ
手で掘れない所は ショベルも活用して 手のひらでそっと圧力をかけただけで
表面から10cm位の雪があっという間に滑り落ちた
その下は比較的 安定している様子 しかし、ぐっと抱えて
圧をかけると70cm位の根元からスルッとずれてきた
ウゥ−ン、シモザラメになっている
さらに、その中間にも弱層が目視できた
刺激を与えるとスパッと割れた
これを見て 各自でハンドテストを行ってみる みんな 納得の様子
その後は ビバークの際のツエルトの活用などを学習します。ツエルトを張るために みんなで整地します
ようやくツエルトに潜り込み 温かなコーヒーを飲む。昼食をとりながらも山の話しに盛り上がる
その後は 雪崩が起きたときのビーコンとゾンデを使用した捜索訓練も行い セルフレスキューの大切さを学ぶ
下山後にも みんなでミーティング
参加した みなさん お疲れ様でした。ちょっと心配されたお天気でしたが まずまずの日和でした。
予定した学習も ほぼ できましたし 有意義な『冬山入門』になったと思います
Betty・yochan



  

SEO [PR] ]Ex IsbN fヲ ^T[o[ SEO