ハイキングクラブ みどりの風

2008/8/24(日) 会山行 黄金山

年間計画では砥石山でしたが6月の登山教室で山行を組んだので
黄金山に変更となりました

曇り空を見上げ、空がシクシク泣きださないことを祈って。
旧道を登り新道をおりる5人パーティーと
新道往復の10人パーティーに分かれて さ〜出発です
沢沿いのゆったりした道を分岐までは皆一緒にね
旧道も始めのうちは なだらかで気持ちのいい道です
もう 秋が始まっていました
          肩まで登り 郡別岳が見えてきたらステッキをしまいましょう
確信部突入 確実に落ち着いて落ちないように 
岩場混じりの急登が更に続きます。
両手両足を使って登ってね。
3点確保ですよ
新道と合流 ここまで来たら一安心
って言ったのは誰? 
まだまだ気は抜けません



「おーい」先頭が前峰に到着しました 
「気をつけてねぇ」
新道往復組もすぐ後から 登ってきます
まるで石垣上に立っているようです
頂上付近は、強い風が吹いています。
「ギャ〜。こんな所渡るの。腰が抜けそう〜」
「落ちたら大変。気合いを入れて渡って!」
風に煽られたら大変、足がすくみます。 
どんどん山頂に向かって進みますが
全員山頂に立てるかしら?心配になってきました
全員立ててヨカッタヨカッタ
幌天狗・群別岳・奥徳富岳・南暑寒別と目の前に広がります
足元をのぞくと・・
お尻がむずむず 落ち着きません
雲行きも怪しくなってきました 
順番に下りるよぉ
まずは前峰まで

「オーイ 一人足りないよ 誰か落ちてない?」「あんたでしょ」
下りは登り以上に気をつけてね
登山道のロープは新しいのです。安心してロープが使えました。
軍手を持ってきて良かった〜。
地元山岳会の方々のおかげです。
ありがとうございます〜。
足元のお花に気をとられて転ばないように
水場です。ここで一息。
冷たい水をゴクリ。
駐車場はすぐそこです
両側絶壁の細道を緊張して渡った
黄金山は増毛山塊の展望台
頂上からは360度のパノラマです。

また、この景色を見に来たくなりました。

2007/5/16の黄金山

川ちゃん・suchako・siopon・fujiko



  

SEO [PR] ]Ex IsbN fヲ ^T[o[ SEO